タブレットを買っても絶対安全だという保証はない。それはパソコンでもスマートフォンでも同じこと。しかし安全性を高めセキュリティ力を維持したり外部から守る対策を取ることでタブレットもスマホも使い方次第で賢くなることをまず知っていこう。

1.タブレットやスマホセキュリティの考え方

タブレットの安全第一

始めが肝心。

タブレットへセキュリティソフトを導入するだけでタブレットやスマホのセキュリティが万全というものではない。覚えておきたいのは以下2つのこと。

  1. アプリをインストール前に信頼できるセキュリティソフトを導入
  2. セキュリティソフトアプリも定期的に更新
  3. 自分の使い方も考える

例えセキュリティソフトが入っているからといっても、自分が「大丈夫かな」と思うようなサイトへ閲覧したりリンクをクリックしたところウィルスに感染してしまった。それでは意味がないのだ。 ユーザー本人のタブレットの使い方次第で、良くも悪くもなるのはパソコンでもスマホでも同じこと。

セキュリティアプリ、ウィルス対策アプリ、この2種類は最低限押さえておきたい。

 

2.OSを更新し最新版へ

Androidタブレットを使っていると定期的に自分でインストールしたアプリ等からアップデートのお知らせマークなどが表示される。

これらを無視せずにいつも最新状態へ保つことをおすすめする。というのはOS等に不具合などが見つかると、アプリ提供元は修復を行う。その後安全に使い続けてもらうためにこうして「アップデートのお知らせ」としてユーザーに情報を促すというもの。 それを無視してはセキュリティーホールがあるところに、マルウェアなど脆弱性を見抜かれてタブレットも危険性が高まることも。自分のタブレットやスマホは自分で守る。こういう癖はつけておくとよい。

 

3.タブレットのパスワード強化

  1. 自宅で使っている分にはよいかなと思っても意外に注意に掛けるのがタブレットそのもの、つまり実機のパスワード処理。
  2. 以下のような状況でも問題なく自分のセキュリティ、個人情報は安全だと言えるだろうか?

 

4.タブレットを紛失してしまったとき

  • 誰かがほんの少しでもタブレットを借りたいというとき
  • 仕事でほんの少しでも席を外す時

個人情報流出はこういうちょっとしたところからでも簡単に発生する。つまり自分のパスワードを4桁の簡易的なものにしているなら6桁以上のパスワードへ強化することも安全性を高める処理の1つといえるだろう。

 

5.安全なアプリをインストール

タブレットのパスワード強化

アンドロイドのアプリは色々なものが存在する。
とはいってもどれを選んでも大丈夫という保証はないことを覚えておくこと。ではどうやって安全性が高いかどうかを確認するのか、以下をぜひ参考にしてほしい。

  • Google play等の公式サイトから選ぶ
  • Google Play等でもインストール前に(評価、権限、開発者情報、大丈夫そうか)

なぜアプリインストール前に色々確認が必要なのか
どうせGoogle PlayやiTune内だから問題ないだろうと思っていても、全てのアプリ提供元は公式のGoogleでもAppleでもないこと。つまり第3パーティーも関係したりアプリ制作やある程度の申請をし許可されるとアプリが世界中のユーザーに配布されるということを逆手に悪意を働いているアプリ提供元も多く存在し、多くの被害を受けているユーザーが世界中にいるため、気をつけることが大いに重要なことなのだ。

 

6.アプリの更新も大事

先程のOS更新についても話だが、アプリも同様に更新のお知らせが来る(nexus10使用)。
やはりセキュリティを維持するためにもこうした小さなことでもアプリの更新をしておくとよいだろう。悪いアプリまたはハッキングされてしまったアプリなどではタブレットやスマホの個人情報を抜き取ったり、流出させたりという危険性もあるため本当に信頼できるものだけを選びつつ更新力も高めていこう。

 

7.知らないEメールは無視

タブレットやスマホを使っているとGmail等と連携して利用することが便利となる。
しかし突然見知らぬEメールからのメール受信をすることもたまにあること。しかし英語の不明なメールであったり、不審者からのメールは「迷惑メールフォルダーへ」格納したり、スパム報告をしたりという処理をするとよいだろう。安易に返事をしたり、メール本文にある知らないリンク及び添付物には触れずに削除するなど余計なアクションを起こさないことをおすすめする。 理由は1つ。ウィルス感染を防ぐ為。

また知り合いからのEメールでも、送信者本人は気づいていなくても添付物が一緒に送られてくることがあるが、送信元に確認した上で開ける。 また開ける前に添付物のウィルススキャンをした上で処理をすると更に安全性も弱まらずに済むことが多い。

 

8.Wifi利用場所にも気をつける

タブレットやスマホセキュリティの考え方

以前も話をしたが公共の場でWifiを使用したユーザーの個人情報が流出したのではというニュースが配信されたように、自分の契約しているWifiや安全だと確認できるインターネットスポット以外は使用しないこと。 Wifiスポットだからどれを使っても無料で大丈夫だよね。という安易な気持ちが一番危険を招きやすいこと、注意をしておこう。そういった無差別的なエリアでのインターネット環境では、悪意を働かせ個人情報を抜き取ろうとする人がいるということ、気をつけること。

 

9.使わないときはWifiをOFF

いつでもどこでも移動中も出張先も常にタブレットやスマートフォンのWifi信号がオンにはなっていないだろうか?

そういう時は状況に応じてONやOFFをしておくことで安全性も高められる。というのは、移動中にWifiがキャッチされてすれ違いざまに情報をスキャンされる被害もある。これはスマートフォンでもタブレットでも同様。いつでもどこでもインターネットがあることが安心かもしれないが、場所、状況判断をしてそれらの設定もこまめに確認もしておくとよいだろう。

 

10.置きっ放しに注意

上記の話と少し重複するが、外出先で少し席を外した際、スマートフォンをテーブルに置きっ放しにしたり、タブレットをカバンの脇に置きっ放しにする時も気をつけるとよいだろう。 先程と同様に遠隔操作をして情報を抜き取ろうというリスクを軽減するためだ。また情報漏えいだけでなくスマホやタブレットごと盗まれてしまう可能性もある。安全な日本かもしれないが、どこでも安全ということではない。とにかく大切なものは自分で守る癖を付けることが第一。

関連情報:

返事を書く