タブレットPCで障害者生活支援

障害者の日常はあらゆる面で大変なことが多い中、タブレットPCで障害者生活支援という画期的なアプリが登場した。

タブレットPCで障害者生活支援

タブレットPCで障害者生活支援

東京医療保健大学医療情報学科において日常支援アプリ「あらた」を試用し神経心理検査をしたところによると
自立生活向上や家族の心理的負担軽減が報告されたのだそう。

 

自立支援力を高めるきっかけに

記憶障害や注意障害、神経心理学的症状等からの試用のデータではあるが、今後手の不自由なユーザーでも手軽に活用しやすいツールとしてタブレットは今後も益々利便化されることが期待される。
情報参照元:MTPro

特にNEXUS10のような大画面かつ、タッチスクリーンも大きめでボタンもNEXUS7よりも見やすく使いやすい。
またタブレットの軽量かが進むと、力加減の難しいユーザーたちへの負担も軽減されるだろう。あらゆるユーザーの為に役立つタブレット。今後も期待が掛かる。