中古スマホやiPhoneを買う際、よく見かける【白ロム】【黒ロム】【SIMフリー】表示。これって何がちがうのか?でもスマホが当たり前の時代、人に聞くのは恥ずかしいそんなあなたのために、徹底調査しました。

 

初心者が中古スマホを買うときに注意すること

白ロム黒ロムSIMフリーの違いとは 今回自分で中古のスマホやiPhoneをテスト実機として購入しようと色々なメーカーのスマホどのタイプのものを買おうと迷っているのですが、以下の点を知っておく必要があることに気付きました。

  • 何も知らず慌てて買ってはいけない
  • 中古スマホ販売先で表示している情報を隅々確認する必要性
  • 本物?偽物?
  • 海外製スマホは国内で使える?
  • 白ロム、黒ロム、赤ロムって何?

こういう点が分からない時に買って失敗しないように、中古スマホを購入する際のポイントをまとめていきます。

<今すぐSIMフリースマホをチェック>

何も知らず慌てて買ってはいけない?

そうなのです。巷には沢山の中古スマホがネット上でも実店舗でも売られる機会が増えてきています。安いからいいやというものではないということなぜだか分かりますか?

  • 中古スマホ販売先で表示している情報を隅々確認する必要性
  • 動作確認ができているもの
  • 傷の程度
  • 液晶の状態
  • 初期不良の対応期間
  • メーカー保証
  • 販売元のサービス対応評価

簡単に考えるだけでもこれだけあります。
2,3万円程度でiPhoneが買える!と思いきや実はもっと大切なことも確認しなければいけません。

中古スマホやiPhoneは本物?偽物?

安さに釣られて、または安くないけどこの値段なら手が出せるかも。と判断して中古のiPhoneを購入するとします。先ほど傷の程度などある程度抑えておきたい情報について確認ができたならは、次は最も大事なことは、本物のアップル製品なのかということです。

今ではこういった製品は似たもの、なんちゃってスマホなどもパソコンなども平気で販売される時代です。だからこそこの【本物】なのかという証拠なり保証書なりを確実に確認することで中古iPhoneやスマホの失敗が防げます。

ここまで大丈夫でしょうか?
続いて、長期的に安心してスマホ生活を送るために、SIMカードや契約関係について確認していきます。

白ロム?SIMフリーのこと?

私は実は白ロム=SIMフリーなのかと思っていました。
SIMフリーはキャリアなどのロックがかかっていないもののため、好みのSIMカードを利用できるので、縛りがあるのが嫌いであったり、海外先で出張でも旅行でも高額料金をとられるのは御免だ!という人ならSIMフリーの端末を購入するのがよいでしょう。

ただ先ほどいった「白ロム=SIMフリー」この「だと思っていた」という考えほど危険なものはありません・・・。実行を起こさなくて安心したのですが、今中古スマホやiPhone6, 7などを購入する際に、必ずといってもいいほど表示されているのが、この【白ロム】【黒ロム】そして注意をしたい【赤ロム】というものがあります。

ロム+色?ロムって何?

SIMカードが出てくる前というのは、携帯などの端末内の回路上に【特殊なメモリの領域】に直接情報を書きこみ端末が通話や通信ができるシステムを採用していました。
その特殊なメモリ領域をEPROM。それを日本では「ロム」と呼んでいるというものです。

白ロム

ロムに情報が入っていない真っ白な状態を白ロム。

黒ロム

一方の黒ロムは、情報が入っているもの。

SIMカードは契約情報などが記録されているものなので、SIMカードが抜かれて無い状態を白ロムと言われています。

赤ロム

ただより注意したいのは、赤ロムという状態のものです。
ドコモ、au, Softbankなどのキャリアと契約してスマホ代金もスマホ本体の代金も支払うと思いますが、その端末(分割)支払いも途中にも関わらず滞納状態であるにもかかわらず、売りに出してしまうもので、その後キャリアが滞納だと判断したものをロックをかけてしまう、つまり差し押さえられたスマホである状態を【赤ロム】。

危険な赤。レッドカードを貼られたものなため、使用はできません。

とんでもないものまで中古スマホや中古iPhoneとして市場に出回る可能性があるとはいっても一般的な流通先では手に入るものではないとは思います。ただ念の為知っておくと安心です。

<今すぐSIMフリースマホをチェック>

返事を書く