Googleドメインサービス開始と評価

どこが勝つ?ついにGoogleがドメインサービス(Google domain)展開を開始することで、密かな注目を浴びている。気になる機能や評価はどんなものなのか。

人気ドメイン大手

Googleドメインサービス開始と評価

アメリカではGodaddyやNamecheapを筆頭に全米では根強いドメイン会社。
日本ではお名前.comやムームードメインといった会社がTOPで目立っている。そんなところにGoogle参上。では他社とどんなところが違うものなのかまたどんな情報がお得なのか。
Google domainはどこまで挑戦してくるものか。

 

Googleドメインサービス内容

※現時点では非常にシンプルなホームページのつくり。(今後どこまでお披露目してくるか)

 

1.プライベート登録無料

これはとっても嬉しいサービス。
気にしない人もいるかもしれないが、こういった登録情報がインターネット上では楽々にチェックできてしまう時代。
こういったところでプライベート登録料が発生しないのは、ユーザーとしてポイントが高い。1年無料だったり、プライベート登録は発生して当たり前の時代を覆すサービス。

 

2.無料メール転送ができる

お好みのアドレスからGmail受信箱への転送ができるというもの。
ただ、基本的に連絡先やメール送受信データの転送設定は、Gmail設定から「POP/IMAP」設定からもできるのだが、もっと手軽になるものなのか。

 

3.無料ドメイン転送

●●●.comから●●●.netへ転送設定するのもお手伝いしてくれるというもの。
面倒くさがり、せっかく作ったサイトなのに・・・と困っていたあなたに嬉しいサービスか。

 

4.DNSサーバ

Googleドメインサービス内容

A・AAAA・CNAME・MX・NS・PTR・SOA・SPF・SRV・TXTレコード設定が可能。
Googleと同様のDNSサーバー利用ということで非常に安定かつ迅速な接続ができるというもの。

 

5.最大100サブドメイン

1つのドメインでこれだけのサブドメインができたら、アイディアが広がる可能性も大。
サブドメイン例)
1ban.●●●.com
arigatou.●●●.com
nihon.●●●.com

 

6.ユニークドメイン

.guru .photographyといったユニークなドメインも登場するのだとか。
トレンドにも敏感なグーグルならではの発想か。

 

7.ホームページ

Googleドメインサービスを利用すると、簡単にホームページが作れるツールがあるというもの。
検索エンジン大手の力をどこまで見せ付けるのか。

 

8.料金

年間12ドル、1200円するかしないかというスタートからのようで、他社比較としても格安とは言い難い価格。他社はこれからどう出てくるのか。

 

9.サポート

初心者やトラブル時、何をしていいか良く分からない人に重要なのはサポート。
電話もメールサポートもあるのはありがたい。

 

日本でのGoogleドメインサービス開始日

日本でのGoogleドメインサービス開始日

現時点ではお試し期間中のようで、招待状をGoogleからいただいたユーザーのみが利用できるというもの。
これらユーザーから意見を取り入れながら成長していくものと予想されるため、ユーザーの反応次第で良くも悪くも変化するかもしれない。
現時点でお試し期間ということは、数ヵ月後には一般ユーザーにもお目見えするか?

 

Google検索にも有利?

Googleサービスを利用するユーザーが愛用度が増せば増すほど、顧客サービス的ポイントが上がってきそうなものだが、逆に考えると全てGoogleはあなたのことをお見通し!という風にも捕らえられる。
あなたはどう考えますか?

 

Googleサービス連携

Google AppsやアドセンスなどGoogleビジネスサービスへ勢力は年々増しているが、同時に評価や他社ドメインキャンペーン等も日頃から見逃さずに美味しい情報は賢く取り入れたいものだ。