ネット観覧でバッテリー寿命に影響って何?WINノートパソコン派でGoogle Chrome使用中のあなたにぜひ知ってほしいブラウザとPCとの関係について。

Google ChromeはノートPCバッテリー寿命に影響か

Windows派でノートPC派のあなたに残念ながら注意のご案内です。
Forbesによると、既にGoogleで対応に追われているか、既に最終チェック段階を踏んでいるかもしれないがOSウィンドウズでラップトップ(ノートパソコン)ユーザー、ブラウザーはGoogle Chromeというあなたに確認をぜひしていただきたい。

 

ブラウザで寿命が変わる?

ちょっと驚くべき寿命という文字。実はGoogle ChromeはノートPC使用環境だとパソコンバッテリー寿命に影響があるというのはなぜかチェックしていくにあたりブラウザの確認をすることはできるだろうか。
ブラウザって何?というところから始まる場合は、eマークはインターネットエクスプローラ、地球を抱えた狐のマークは、Mozilla Firefox、懐中時計風なマークはサファリ。この程度は抑えておきたい。

 

問題のGoogle Chrome

上記ブラウザの中で最も最速読み込み速度だと一般的に言われる中の問題となり、今注目を浴びているブラウザともいえる。

 

システムクロックティックレート

Google ChromeはノートPCバッテリー寿命に影響か

このシステムクロックティックレートとは、例えていうならばキャッシュのようなもの。
一般的なブラウザは64回/秒に対し、Google Chromeは1,000回/秒

つまり回転数が多ければ多いほどCPUに負担が掛かるため、電力をそれだけ必要とするのだ。

 

なぜWindowsだけが問題?

実はMac,Lunixとはティックレスタイマーというものを使用しているため、上記のような問題が起きないと指摘しているが、今回クロームブラウザ問題はGoogleからすると大きな問題ではない様子。

小まめにクロームの更新をしてみてどうなるか。またはIE(インターネットエクスプローラ)やFirefoxで対応するか。様子を見てみるのもよいだろう。(ちなみに私はFirefox派)

クロームブラウザを使用中はこれらバッテリー消費問題は発生しやすい環境下にあるため、出張、移動等外出がちなであれば対処法をぜひ考えたいもの。
注目の集まるGoogle Chromeバグ問題。改善策はどうなるものなのか、期待したいものだ。

返事を書く