公共で無料無線LANは安全なのかという点で疑問視されていることで知らないうちにあなたのスマホやタブレット、PCが危険な目にあっているかもしれない。公共無料LAN使用上の注意点を確認しよう。

無料インターネットはどこで?

公共無料無線LAN安全性と注意点今までで出張先、旅行先、外出先で以下のような目印のある場所で無料のインターネットを使用してはいないだろうか?

  • Free Wifi area
  • Free Public Wifi

大阪のこういった場所で個人情報が盗まれてしまったのではというニュースが出てきているのでタダ事ではない。一般的にある無料無線LANスポットと言うと以下のようなところが主流だろう。では具体的なインターネット対策や自分のタブレットやスマホについて以下を確認していこう。

 

外出先でよくある無料無線LAN使用場所

公共無料無線LAN安全性と注意点

  • カフェ
  • ホテル
  • 空港
  • 学校
  • レストランなど

しかしこういった場所で無料で無線LANが使用できるかもしれないが、最近おかしいなと感じることはないだろうか。そういった時に以下のようなポイントを押さえてみよう。

1.安全に公共無料無線LANを使うコツ

  1. 施設内のアクセスポイント名をしっかり確認する
  2. アクセスポイントで接続時暗号化モードを選択
  3. セキュリティの高いサイトを閲覧する(例:httpsのついたサイト)
  4. 自分の使用端末のセキュリティを維持する

 

2.自分の端末上で安全管理をするコツ

iPhoneでもAndroidスマホ端末でもパソコンでも全てのデバイスに言えること。確認していこう。

  1. 端末のロックパスワードは4桁以上6桁で構成しているか
  2. セキュリティのためにファイヤーウォール等セキュリティアプリをインストールして毎回作動させているか
  3. 何でも安易にアプリなどインストールはしていないか
  4. いつの間にか良くわからないサイトに入り込み閲覧してはいないか
  5. ダウンロードもスキャンを同時に起動させる設定をしているか
  6. 最近スマホ等の端末の動きは遅くなっていないか
  7. 迷惑メールが最近頻繁に入るようになっていないか

というように1つでも気になることがあれば、対策を取ることをおすすめしたい。

必要な情報をバックアップした上で、端末を初期化して必要最低限のことから始めて行くことも1つの策。便利化してきた世の中だが、意外とよく分からずにスマホもタブレットも使っているユーザーも多くいる。

だからこそ今からでも見直しをして自分の個人情報を守ってはいかがだろうか。

2 コメント

  1. 公共にある無料Wifiってこういった怖い面もあるなんて知りませんでした。やっぱり極力使わない方がいいのでしょうか?

    • 高田さんコメントをありがとうございます。公共の場で使用する時は必ず発信元の名前やパスワード等を事前に確認することやセキュリティ状態も確認されることをおすすめします。
      または自分のスマホ等でテザリングをしてタブレット等に使用する方法もよいかもしれませんね。

返事を書く