車愛好家でITマニアにはたまらない米国製テスラモデルS。更にアウディRS7にも内臓されたタブレットに注目が集まっている?

【NEW】テスラ第二のオートパイロット衝突率90%削減へ

 

徹底調査テスラとアウディの最新事情

NVIDIAタブレット テスラ
外見の美しいデザインだけでなく、内装、機能面でもIT化が強化されてきているタブレット。実は、エクスポでテスラを試乗をしてきたが、乗り心地だけでなくIT化のパワーを感じさせられた。

従来の車技術を覆す異端児的IT車

余計なメンテナンスは不要になる?タブレットで定期チェック
世界の車業界が注目しているのがこのテスラのタブレット。では試乗の感想から。

 

テスラ モデルS試乗の感想

テスラ モデルS試乗の感想

試乗車は左ハンドルでの走行。(日本に納車されるものも基本は左)
車のエンジン、振動を直に感じたい人には物足りないであろう電気自動車ならではの、静かなスタートを切る。

天井のスクリーンの開け閉めも勿論タブレット操作。
バッテリーの位置は、トランク側に。堂々としたボディながら軽やかな滑り出しでありながらもスピード感もガソリン車にも負けない力を体感できた試乗会。

また中央に配置された大画面でタブレットは何かと便利に活躍しそうなサイズとも感じられたので、次は気になるタブレットについてご紹介。

 

車修理工場の危機?

全て車内から車全体の動作状況が確認できる点で、余計な人件費も削減できるというスマートシステムを採用。

モニターでタイヤ、エンジン、ブレーキ、ハンドル、ボディなど全てのメンテナンス状況が把握できて、ディーラー側でも顧客状況も把握できる。時間も費用も効率的に軽減。よって無駄な修理、見えない請求といった手間賃や人件費もスマート化により、軽減される時代になってきていることは間違いないだろう。

 

テスラもアウディもNVIDIA搭載

交換のいらないデータアップグレードシステム搭載

今回のテスラモデルS(Tesla Model S)は、優れた情報を搭載しているだけでも驚くところだが、使用しているタブレット脳はNVIDIA。

最高のバッテリー省電力技術とされるTegra3やTegra2プロセッサーも内蔵されアメリカ製の底力を見せ付けているかのようで、エンジニアたちには非常に興味深い作りといえる。

システム面やグラフィックでの強化をしながら、CPUの負担を極力軽減する力を備えたテスラの脳となっているNVIDIAというもの。

 

交換のいらないデータアップグレードシステム搭載

このNVIDIAタブレットの更に優れたところは、余計なメンテナンス費、維持費を費やさずに済むところ。
例えば、カーナビの情報アップデートをする時、DVDを再インストールをしたりするだけで出費が嵩むという経験はないだろうか。

従来ならば仕方がなく支払いがちな費用も無用。
システムアップグレードは費用を掛けず手入れができるからこそ、スマートな買い物をしたい車愛好家としては見逃せない新世代IT車のテスラモデルS。日本国内自動車メーカーはどんな新作を見せ付けてくるかも同時に期待したいところだ。

 

余計な出費不要!充電ステーション無料利用

余計な出費不要!充電ステーション無料利用

なんといっても他自動車メーカーに差を付けているのが、この無料の充電ステーション。

みごとなデザインが売りであろうと見た目からの差をつけていることや、アメリカの各州で設置されているのでニューヨーク、ロサンゼルス、フロリダ等多数地域で設置中ともあり、
今後日本にはどのように導入されてくるかも期待は高まる上に、ガソリン代も、電気充電代も掛からないのは賢いあなたなら、この良さが分かるはず。

 

注目のペン付きNVIDIAタブレット

Teslaを買わないとタブレットは手に入らないからと諦める前に!

NVIDIAだからこそのグラフィックを備えたタブレットが最近登場。
ペンも付属である上にサウンドを重視、グラフィックを手軽に楽しみたいゲーマーにもおすすめ2万円台で手軽なコストで購入が可能。
購入時にカバーも更にあるためシンプルかつ機能性も試したいNVIDIAファンに注目な逸品。

情報参照元:日本経済新聞

返事を書く