第一世代のテスラオートパイロットから次なるは第二世代のオートパイロット。CEOイーロン・マスクは今回のテスラへ更に力が入る。その理由とは?

テスラ第二世代の時代へ

テスラ安全運転テスト
情報によると、昨年2016年のテスラでの事故から多くの課題を解消すべくCEOイーロン・マスクは改良版である第二世代テスラを2016年10月以降に開発しテストを重ねてきているという。

衝突率90%削減の理由

10回に1回という確率という力強い結果を出している新たなテスラ自動車。

トリプルフロントカメラのセットアップなど、より多くのカメラを搭載しているだけでなく、新型車にも車内の画像処理システムであるTesla Visionをサポートできるオンボードのスーパーコンピュータが搭載されている注目のシステムなのだ。

第一世代と第二世代テスラの違い

テスラ安全運転テストデータ

第一世代のテスラは40%、今回のものは90%の衝突率削減と大きく成果を上げているテスラモーターズ。

新しいハードウェアも含め、世界中でテスラの自動運転システムがさらなる期待を見せているに違いない。

返事を書く