iPhone7発売情報とともに世界ではあらゆる問題についての疑問を注意しているのです。買う前に気をつけたいポイントをまとめてみました。失敗しないための無駄買い注意予報です。

1.iPhone 7と7 Plusの新色「ジェットブラック」の注意点

勘違い&問題多発!iPhone 7

iPhone 7やiPhone7 Plusの新色という【ジェットブラック】は、とても艶やかのある光沢が魅力という点で注目を浴びていますが、それ故に注意したいポイントがあります。

その1:指紋がつきやすく目立ちやすい

まず1つ目として、新色のジェットブラックは、ツルッとした表面のため、指紋が目立ちやすいという点で、問題視されています。

ただ耐水性能がある点で、水で洗ってしまえばいいという方法もありますが、ベタつく感じが気になる人は気になるかもしれません。

その2:傷がつきやすい問題

これは公式サイトのアップルも認めている情報らしく、ダイブ細かな文字で表示されているのですが、以下のような情報が記載されています。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

やはり大切に使うならば、保護ケースに入れてばこの問題は防げますが、iPhoneらしさを見せつけたいユーザーには困った問題かもしれません。

ワイヤレスイヤホンは付属ではない

5つ目の機能、Retina HDディスプレイ

実はあれだけイヤホンがワイヤレスになったとアピールしていながら、実はiPhone7に付属されているのは、従来同様のワイヤー式イヤホン。

従来のイヤホンは使えない?本当?

一部で従来のワイヤーイヤホンが使えないという噂がありますが、iPhoneの充電ケーブル差し込み口という「Lightning端子」に差し込み、イヤホン端子に変換するケーブル(変換アダプタ)が付属するようになるというものです。

ただこの変換アダプタ、紛失したらご購入ください。
そういう余計な出費をさせる狙いでしょうか。

チャージ中はイヤホンが使えない?

更にがっかりなのは、iPhone充電中にジャックを使用する関係上、ワイヤーのイヤホンを使うことができないという点で、イヤホンジャック廃止されたiPhone7はどうなのでしょうか・・・。

またもしワイヤレスイヤホン(無線イヤホンAirPods)を購入するとなると別途1万円以上の費用が発生することになります。
(※10月下旬より、16,800円で別売りされる予定)

加えてこのワイヤレスイヤホンのデザインの問題点などについても疑問視されています。

ワイヤレスイヤホンと子どもやペットの誤飲

iPhoneワイヤレスイヤホン子どもの誤飲

前回の記事で、紛失しかねないとお話しましたが、色々と調べてみると、この小さくコンパクトなワイヤレスイヤホンには色々と問題があるようです。

子供の誤飲の問題

小さな子供のいる家庭で一番恐れていること、それは子供が誤って食品以外のものを口に入れてしまうことではないでしょうか?

そうです。このiPhone7のワイヤレスイヤホンの誤飲の心配があるのです。

犬や猫の誤飲の心配

続いてペット大好きなご家庭でも、特に小型や中型犬は心配ですね。
ちょっとしたおやつだと勘違いをして犬がワイヤレスイヤホンを飲み込んでしまい、手術をしなければならないなど大事になっては大変ですものね。

返事を書く